予防・歯科ドック

唾液検査で、むし歯リスクをチェックします。

唾液検査イメージ 唾液はむし歯を予防するのにとても大切な働きをしています。
唾液は歯を溶かす酸を中和し、再石灰化を促す働きをしています。唾液が出にくい指定難病であるシェーグレン症候群の患者は、むし歯が非常にできやすいということからも、唾液がいかにむし歯を防いでいるかが分かります。

むし歯になりやすい患者様には、唾液検査(サリバテスト)をすることで状態を確認することができます。
唾液検査をすることで、以下の項目が分かります。
唾液検査をすることで異常が見つかり、何かの病気が判明した場合はそちらの治療も必要でしょう。
細菌数が多いと判明した場合は、一緒に予防に力を入れて取り組んでいきましょう。
歯の唾液検査では、以下の項目を調べることができます。

  • 唾液の分泌量
  • 唾液の中和力
  • むし歯菌の数

日々のケアと定期検診が大切です。

定期検診イメージ 歯は失ってしまったら、もとの状態にはもどりません。
ですから、歯を失うきっかけを防ぐことが非常に大事なことになります。抜歯に至る最大の原因は、歯周病であることが分かっています。そこで、日頃から適切なプラークコントロールを行い、定期的に只見歯科医院で歯石除去をすることをおすすめします。歯周病は感染症でもあり、生活習慣病でもあるのです。

また、むし歯治療は歯を削るため、歯の寿命を縮めます。一本の歯に対して行うことができるむし歯治療は3回といわれていますから、むし歯を再発させないことが大切です。
いつまでも自分の歯で食事を行うために、予防をしっかりと心がけましょう。

プロのクリーニングで、お口をスッキリさせます。

治療風景 只見歯科医院では専用の器具を使って、P.M.T.C.という歯のクリーニングをしています。P.M.T.C.とは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、「歯科医師、歯科衛生士などの専門家が歯のクリーニング用器具で行う、お口の中の清掃」のことです。

普段の歯磨きでは取れないような歯垢や細菌が形成する歯に付いたバイオフィルムというヌメリを除去します。歯ブラシだけではとれない汚れは蓄積するため、定期的なP.M.T.Cの受診をお勧めします。強力な洗浄のように聞こえますが、ゴム製の器具を用いますので、痛くはありません。

歯ブラシは、毛先がそり反る前に交換しましょう。

歯ブラシ 歯ブラシは毎日のブラッシングのための大切な道具です。ブラッシングする道具の歯ブラシが良くないと、どんなに上手な磨きかたでも、清潔にはならないでしょう。
歯ブラシは1か月程度の頻度で交換することが望ましいとされています。
目安としては、毛先が外側にそり反ってきたら交換する時期です。

歯ブラシを使い続けていたために、歯ブラシの毛先がそり反っているようでは、歯ブラシの曲がった毛で歯面をこするだけになり、歯磨きをしていないことになってしまいます。毛先が外側にそり反っているような歯ブラシで歯面を磨いても、歯肉溝の汚れをかきだすことはできません。
歯ブラシの場合は、毛先がそり反ったらもう役目を果たしたと考えて、新しいものに買いかえましょう。