小児歯科

乳歯も、永久歯と同じくらい大切なのです。

乳歯は下からはえる永久歯に合わせて歯根が吸収することで、自然に抜けます。
乳歯がむし歯になったり、欠けたりしても、乳歯は抜けてしまえば永久歯が生えてきます。だからといって乳歯の手入れは怠っても良いということではありません。

乳歯には乳歯の役割があり、お口の一生の一部分であることに違いありません。
乳歯の役割とは、永久歯に場所を自然な時期で替わってあげることです。
むし歯になって抜歯処置になったり、生え変わりが遅れたりすると、永久歯の歯並びが悪くなる原因になることがあります。
また、重度のむし歯になってしまうと、下に控える永久歯を変色させることもあります。
乳歯が生えたら、お口の中の大事な一員としてていねいに、しかも、細心に毎日見守ってあげましょう。

乳歯は、むし歯になりやすいものです。

子どものころ、よく歯科医院に通ったという記憶をお持ちの方々がいらっしゃいませんか。

歯医者さんに行ったのはお菓子が大好きで、ついむし歯になったからでしょうか。それとも歯みがきをちゃんとしていなくてむし歯になったからでしょうか。



お菓子が好き、歯みがきが不十分なこととは別として、子供の歯、つまり、乳歯は大きくなってからの永久歯とくらべると、むし歯になりやすいのです。
だから、小さいときによく歯医者さんに行ったのでしょう。



乳歯は歯質の強度、厚さが、永久歯に劣ります。また、生えかけの永久歯は、生えてから数年経った歯よりも歯質が未熟な状態です。

そのため、子どもの頃はむし歯がエナメル質と突破し、痛みを感じる段階が早くやってきます。

乳歯を守るためにできることがあります。

フッ素塗布

只見歯科医院では歯質を強化するために、フッ素塗布を行っています。フッ素は歯磨き粉にも含まれている成分で、抗菌作用と再石灰化の促進作用もあります。

再石灰化とは、酸によって溶け出した歯の成分を再び元に戻して修復する機能です。
唾液がもたらす効果でもあり、修復機能が果されないとむし歯が進行するばかりになってしまいます。
歯科医院で塗布するフッ化物は市販のものよりも高濃度ですので、高い効果が期待できます。

シーラント

むし歯になりやすい箇所といえば、奥歯の咬合面があります。歯の咬合面に糖分の入った粘着質の食べかすなどが固まって入り込んでしまった場合には、歯磨きで取るのは多少時間がかかります。

磨きにくい窪みに食べかすが滞留するのを防ぐことで、むし歯になることを防ぐことができます。食べかす滞留を防止することを「シーラント」といいます。白い歯科用プラスチックを貼り付けるだけですから不自然な感じを与えることがありません。