審美歯科

つぎの方々におすすめします

  • 白くて、きれいな歯をご希望の方々
  • 銀歯から自然な白さのかぶせ物に
    替えたい方々
  • 高精度な治療をご希望の方々
  • お口の見た目の美しさを求める方々
  • 保険診療にこだわらない方々
セラミック歯あります

むし歯のかぶせ物には配慮が必要です。

アンチエイジング 保険診療で奥歯のむし歯を治療すると、銀色のかぶせ物が適応されます。
通称を銀歯というこの修復物は、正式には銀パラジウム合金といいます。
材質が硬く、頑丈な反面、歯との隙間があります。日常の手入れが不充分だと、むし歯の再発(二次カリエス)が起こりやすいという不利な点があります。

また、銀パラジウム合金は、イオン化傾向の大きい金属のような他の物質と触れると反応します。金属イオンを体内に取りこむことで、金属アレルギーを発症することもあります。
銀歯はイオン化傾向が大きく、アレルギーをお持ちの方々には適応ができません。
こうしたことから、身体に健康的とはいえないこのような金属を取り除き、少しでも加齢を促進しないようにすることは大事なことです。

白くて目立たないのが、セラミック治療です。

セラミック ひと昔前は、芸能人やアナウンサーのような人々のあいだでは銀歯をしている人が多くいたものでした。
今ではテレビに出ている人の多くが大きな口を開けても、人工物とは分かりにくい白い修復物で適応しています。
この白くて自然な修復物はセラミックでできています。歯科用セラミックは茶碗などの陶器と同じ素材ですが、陶器よりも強度の高いものもご用意しています。

セラミックの修復物は細菌が付着しにくい滑らかな表面をしています。また、レジンセメントなどを使ってしっかりと歯に接着するため、隙間ができにくく、むし歯が再発しにくいということが大きな特徴です。適合の良い修復物としてゴールドがありますが、お口の中で目立つゴールドよりも審美性が高いところがセラミックの長所といえます。
ここで、只見歯科医院で扱っている審美修復物をご紹介します。

ハイブリッドセラミック クラウン

セラミックの粒子とレジンを混ぜたかぶせ物です。オールセラミックよりも硬くはないため、削れやすいのが特徴です。ハイブリッドセラミッククラウンは、噛み合わせる天然歯に優しいということです。オールセラミックにくらべると、経年とともに変色が起こりやすい材質です。

オールセラミック クラウン

全体がセラミックでできた真っ白なかぶせ物です。ほとんど経年変色を起こすことはなく、歯垢も付きにくいという特徴があります。また、光をほどよく透過するので、自然歯の再現性が高いという特徴があります。オールセラミッククラウンの不具合いは、歯を削る量が比較的多いということです。