マタニティ外来

マタニティ外来こそ、妊婦さんのための診療です。

妊婦 妊婦さんは胎内の赤ちゃんとともに、赤ちゃんを育てるために変化していく妊婦さんの体調を第一に考える必要が生じます。
歯科治療の必要がある場合、妊婦さんに特有な処置について熟知している歯医者にかかることが望ましいでしょう。

只見歯科医院のマタニティ外来では、妊婦さんのむし歯や歯周病などの治療や予防を、妊婦さんの身体の具合いに対応しています。妊娠中の歯科治療は、女性歯科医師という視点で対応できますから、安心感、信頼感のうえからもおまかせいただけます。

妊娠すると体にも、口腔内環境にも変化が生じます。

歯磨き 妊娠すると、女性の体には様々な変化が起こります。
まず、ホルモンバランスが変動し、つわり症状が見られるようになります。
体の様々な変化は個人によって様々で、妊娠週数によっても変わります。

只見歯科医院では、妊婦さんのわずかな感覚の変化に対応するため、院内は薬臭がただわないようにするため最大限の処置をとっています。
歯科医院臭がない、清潔感はご好評を得ています。

口腔内の環境にも変化が起こります。つわりの影響で吐き気がある方々は、歯磨きがおろそかになりがちになります。また、妊娠中は唾液が酸性に変化することで、酸が歯を溶かす酸蝕症にもなりやすくなります。妊娠末期まで増加し続ける女性ホルモンは、歯周病菌を増殖させ、歯肉炎を招きやすくなります。歯科治療を受けたいという妊娠初期から妊娠週数の経過した妊婦さんは、ていねいで、行き届いた診療を心がけている只見歯科医院へおいでください。

妊婦さんに細心な配慮をした治療を行います。

ハートイメージレントゲン撮影は妊娠全期を通して適応可能ですが、撮影時は安全のためお腹に防護服を着けていただきます。
只見歯科医院の高度歯科診療用CT装置は、従来のCT装置とはちがいX線の照射領域を必要最小限に調整可能なレントゲンです。
レントゲンによる放射線被ばく量も少ないという点で、安心して使用できるCT装置です。
また、麻酔に関しても局所麻酔が胎児に影響を及ぼしたという報告がないため、妊娠周期のどの時期でも適応が可能です。只見歯科医院ではなるべく妊娠中期以外はレントゲンを使用しません。
薬剤の投与が必要な場合にも、より安全なものを適応しています。

妊娠初期

胎児の器官形成期であるため、できるかぎり対症療法にとどめます。
また、つわりがひどい場合には、体力的にも本格的な治療は避けた方が良い場合があります。

妊娠中期

胎児は胎盤によって安定した状態になることから、簡単な外科処置を行うことができます。妊娠中期の時期に歯科検診を受けて歯石除去などをしておくと、妊娠後期にそなえることができることとなります。

妊娠後期

大きくなったお腹が周辺臓器を圧迫し始めますので、この時期の体調に合わせた治療をします。妊娠後期の時期の治療はなるべく応急処置にとどめておき、本格的な治療は出産後にするようにしています。

お願いしたいこと

妊娠されている方々で歯科治療を受診する際は、つぎのことをお願いいたします。
安全な治療のためにも、ぜひご協力をお願いいたします。

  • 産婦人科の先生に、歯科治療を受けることを報告しておく
  • 歯科医院では、受付けか、診療の際に、妊娠していることを伝える
  • 歯の状態を管理するため、母子健康手帳を持参する
  • 治療中に気持ち悪くなった場合は、がまんしないで伝える